勝手に栄区大使

横浜市栄区の情報をどこよりも満載に、勝手に

スーツでも遊べる!

「プレイパーク」という取組をご存知でしょうか。

ざっくりいうと、「みんなで色んなことして遊ぼう!」というイベント。
各地で創意工夫をこらしながら行われています。

栄区では、桂山プレイパークが活発。
月1回程度の開催です。

いつもはお昼ですが、8月は特別に、夜!
(コロナ前は流しそうめんをやっていたため昼)

昨日はみんなで竹を切ってキャンドルホルダーつくったり、


シャボン玉したり、
花火したり、

年がいもなく大はしゃぎしてしまった。

「大人がいないとできない遊び」
のこぎりを使ったり、花火をしたり、
普通はなかなか大人数でやれません。

また、希薄になってきてしまった地域のつながりのきっかけにもなってるな、と。

アート性を感じるとこも、好き。

スーツでもじゅうぶん楽しめたプレイパーク、次回もまた、遊びに行きたいです笑

あーすぷらざの企画展

あーすぷらざ関連は記事にするとなんかずるい気もして手出しにくいのですが…

友だちのススメで「おもちゃでめぐる、世界の秘密」展にいってきた

ちなみに、撮影自由のことでたくさん撮った

でもこれ、企画の写真をアップロードしたらネタバレになるんじゃ…と及び腰

とりあえず、こどもさんが楽しめそうなスポットの写真を一枚

ざっくりまとめると、世界のおもちゃが展示されている。
そしてそのほとんどは手で触れられないため、少し物足りないかも…

でも、解説が面白く、なんなら大人向きのイベントな気も。


自分的には一番関心もったのは、最後の方に展示されている、世界中のこどもたちの作品。

「わぁじょうず」
という以上に、国や文化圏によって色遣いや絵のタッチに差が出るんだな!ということ。
日本人の子の絵が何枚かありましたが、どことなく共通点を感じる。
子供の絵と侮るなかれ、ちゃんと国際交流になっているのです。

これらの絵は過去の『かながわビエンナーレ国際児童画展』の受賞作品の数々。

サイトでも絵をみることができます。

https://kanagawabiennial.jp/

今年の応募も9月よりはじまるのこと!
ぜひ神奈川在住の15歳までの皆さん、ご応募してみてください!

フードパントリーを見学

社会福祉協議会」と聞いて馴染みのある方はいますでしょうか?
響きは非常にかたいですし、取り組みも真面目な団体です。

先週の土曜日に開かれた『第三回フードパントリー』をご案内いただき、見学にいってきました。

ざっくりいうと、
生活に困っている方に、お野菜をはじめとした食料品や、生活消耗品を配る会。

なんとも地方議員が大好きそうな催しです。

「色んなお野菜があって素敵でした」
「地域社会との協力、私も何か力になれれば」
あるいは、
「生活に困っている人に力を!社会福祉協議会さんの素敵な取組です」
「コロナ禍で若い世代の失業者も増えてるのを実感しました」

正直、そんな記事を書ければな、と思って行きました。


しかし思ったのは、
1) 栄区に生活困窮世帯がそんなにいるとは知らなかった(マジで勉強不足)
2) 今回3回目で運営がやっと確立された苦労話が印象的
3) 本当に全員が困窮世帯なのか…?
というようなこと。

1) 栄区に生活困窮世帯がそんなにいるとは知らなかった
栄区生活保護世帯数は1200世帯と、あまり多くはありません。
また、「ここのエリアはスラムシティだな」という区域もあまり聞きません。
(※差別を助長する意図はありません)
しかし実際は、予約80(90)限定が予約開始2日間でいっぱいに、
また第1回、2回は予約制でなかったので建物の外どころか警察署の方までの長蛇の列となり、お断りまで出てしまった。
と非常に多くの需要があったようです。
こんなこと、本当に知らなかった。
自分は裕福ではないが、困った生活という環境でもなく、いかに知ることも足らないか、とてもいい機会になった。

2) 今回3回目で運営がやっと確立された苦労話が印象的
上記のように、1、2回目は本当に運営の想定外のことがあり、バタバタだったようです。
以前ポスターみかけたときには行かなくて正解でした。そんな大変なところにうかうかと取材に行っては邪魔になります。
さて、今回ご来場いただいた方にはアンケートを記載いただき、そのときに社会福祉協議会の職員や役所の職員と「おはなし」をすることで、その人が本当に一時的な支給(フードパントリー)だけでいいのか?継続的なサポートが必要なのか、コミュニケーションを取り、必要あらば役所にすぐつなげられる仕組みを取り入れていたのが印象的でした。

3) 本当に全員が困窮世帯なのか…?
さて、これは取り組まれている方に誤解を招きそうですが、
素直に「悲壮感はないし、なんなら少し楽しそうな雰囲気。本当に全員が全員、困っているようには見えないのだけど…」と感じてしまいました。
だって、悪意をもってみれば「タダで食料品や消耗品をある程度好きなだけもらえるオトクなイベント」であって、栄区民の所得データとかを考えると警察署まで並ぶほど困窮した町とは思えないのだけど…?と。
もちろんこれは、本当に善意で取り組まれている皆さんに、本当に必要で利用されている皆さんに、失礼な発言です。
あんに侮辱したいわけではなく、本当に必要な人に届いているのだろうか…と。
予約が2日間でいっぱいになってしまっては、本当に必要だけど利用できなかった人もいるのだろうな、と思ってしまいました。
ただ、悲壮感なく楽しそうな雰囲気というのは、良いなと思いました。
本当に必要で来た人も、暗い環境では利用したくなくなってしまいます。
また、生活困窮者だけに向けた催しではなく、地域の交流のきっかけも目的になっているのだな、と感じ、いい取組だな〜と漫然と。

関わっているスタッフさんも、利用者さんも、老若男女幅広く、地域交流の新しいカタチの一つ、「力になりたい」なんておこがましく、「参加したい」と純粋に思いました。

ご案内いただいただけでなく、当日解説ツアーまでいただいた社会福祉協議会さん、ありがとうございました。

夏祭り/おしらせ

栄区ではコロナ禍前は大小、実に20-30の夏祭りが行われていました。

しかしコロナ禍のこの2年、ほとんど行われず…

今年は各所で、さまざまな「3年ぶりの夏祭り」がおこなわれています。

こちらは桂山公園のお祭りの様子。
お祭といえば飲食店!といえども今年は3年前までの約3割に…

「3年もお祭をやらないと町内会役員任期などの都合で経験者がいなくなっちゃうから…」と感染拡大のなかでも決断。

「子供たちのために」と皆様一丸で開催にむけて努めたのことです。

こちらは野七里のお祭り。
野七里の地域は小学校の廃校などもあり、子供が少なくなっています。

「お祭を理由に孫に遊びに来てもらいたくて、お祭をやってほしくて仕方なかった」と語る一人暮らしの女性の話は、コロナによる地域社会との関わりの希薄化に限らず、少子高齢化問題を如実に感じさせられました。

こちらは笠間のゆうわ館の盆踊り大会。
こちらでも飲食は一切なしで、栄区音頭はじめ、まちの伝統を守るため、と開催されました。

先生や大先輩たちの踊りにあわせ、子供たちが果敢に、そしてなにより、楽しそうに盆踊りを舞う姿は、開催を本当に嬉しく感じました。

ほかにも、町内会在住者限定のお祭もあり、
例年来賓として呼ぶ政治家に「ごめんなさい、来ないで…」と案内を出してまでやってた地域もあるとか。
それでもアピールしたい政治家たちはこぞって行って…

政治(家)と地域社会の共存と乖離、コロナの価値観は人それぞれ違えど、課題が浮き彫りになったようにおもいます。

来年は全部のお祭が、今まで通り開催されますように…

栄区グルメ






栄区には、美味しいお店が多くあります。

勝手に栄区大使は、主に栄区グルメ大使でもあり、こっそりinstagramをやっています。

https://www.instagram.com/longtailangkoshiro/

仕事の過渡期で更新が停滞していたアカウントをきれいにしっかり更新しましたので、こちらでもご案内!

栄区に、マジで、食べてほしいお店、紹介してます!

この夏は規模縮小などでお祭も盛り上がりが例年にくらべ少し寂しいですが、
飲食店はまだまだ元気です!ぜひ!

㊗新規開店

今月オープンした「専科」にきました!
公田交差点のすぐ近くという駅からのアクセスはいまいち

オープンからしばらくはいつも満席。
先週飛び込みできたときも満席で入れず…

予約しての入店です。


栄区にはモツを食べられるお店はなく、
また、焼鳥屋もない※ため、貴重なお店です

ただ、本郷台駅から少し遠いのは難点ですが、
公田・上郷地区にお住まいなら通勤経路にて非常によい!

こちらが本店とのこと、オーナーも栄区民のことですので、
積極的に通わせていただきたいお店です!

個人的に一番美味しかったのは牡蠣のオイル漬け(写真なし)ぜひみなさまご賞味あらんことを!!

栄区には焼き鳥屋はありませんが、焼き鳥提供店はございます。

新しい朝がきた

夏のはじまり、は病院いったり選挙いったり…
気が付いたら世間は夏休み。

ぎりぎり、夏のはじめ(?)

お久方ぶりです。
お仕事一段落し、これからあらためて栄区や近隣区のこと、
発信していきます。

世間的にはコロナ感染拡大にともない、
中止や延期を発表しているイベントも少なくありません。

さて、小菅ケ谷第一町内会(こども会)では、
今年3年ぶりとなる、ラジオ体操が復活です。

ちなみに、ここでは第2までやる本格派(?)
仕事でラジオ体操やってたわたし、いわば元プロですら、ついていくのに必死です。
普通に知らないから勉強になる…

ぽつぽつと集まる子どもたちは、50人くらいに。

わたしが子供の頃は毎日?2週間?とかやっていた記憶がありますが、いまは3日に。

少子化の影響か、コロナ禍の影響か…

とにもかくにも、今日から3日間、
少年広場で行われています。

誰でも参加OKのこと、
朝活としてラジオ体操はいかがでしょうか!

最前列でこっち向いてやるのは6年生の習わしだとか。
そういうの、すき。

雨天中止のため、お気をつけて。